--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2006/11/28 (Tue) インファナル・アフェア (2002)

男には決断すべき時がある。

心に秘める愛がある。


警察と犯罪組織それぞれに潜入を命じられた2人の男が、身の危険と心のゆらぎに苦悶しながら10年の時を経て対決の時を迎える姿を緊迫感溢れるタッチでスリリングに描く。

トニー・レオンアンディ・ラウ、この二人は男前です。さらに個人的にはエリック・ツァンのマフィア役、印象強い演技でかなりのはまり役だと思います。(管理人・ミンゴ)

インファナル・アフェア

本作品の脚本は世界各国から高い評価を受け、2006年アメリカでブラッド・ピット製作、レオナルド・ディカプリオマット・デイモン主演で、「ディパーテッド」という作品名でリメイクされた。

インファナル・アフェア

STORY
1991年、ストリート育ちの青年ラウは香港マフィアに入ってすぐ、その優秀さに目を付けたボスによって警察学校に送り込まれる。一方、警察学校で優秀な成績を収めていた青年ヤンは突然退学となる。彼は、警視に能力を見込まれマフィアへの潜入を命じられたのだった。やがて2人の青年は、それぞれの組織で台頭していく。そして10年後、警察はヤンから大きな麻薬取引の情報を受け取る。しかし警察の包囲網はラウによってマフィア側に筒抜けとなっていた。検挙も取引も失敗に終わったことで、警察、マフィア双方がスパイの存在に気づいてしまうのだった…。

インファナル・アフェア

監督: アンドリュー・ラウ   アラン・マック
製作: アンドリュー・ラウ
脚本: アラン・マック   フェリックス・チョン
撮影: ライ・イウファイ   アンドリュー・ラウ
編集: ダニー・パン   パン・チンヘイ
音楽: コンフォート・チャン
 
出演: アンディ・ラウ   トニー・レオン   アンソニー・ウォン   エリック・ツァン   エディソン・チャン   ショーン・ユー   サミー・チェン   ケリー・チャン

インファナル・アフェア



映画 ランキング
   
banner_04.gif
   ↑↑↑  
ランキングの応援をして頂ければ幸いです。




スポンサーサイト

韓国 | trackback(0) | comment(0) |


2006/10/30 (Mon) 王の男 (2005) 

16世紀の韓国の宮廷を

舞台に繰り広げられる歴史ドラマ


地方から都にやって来て、王の前で芸を披露するまでになる2人の芸人の数奇な運命をたどる。
当時の宮廷を再現した豪華なセットや、生ぐさい陰謀渦巻く宮廷絵巻に魅了される。


歴史を元にして描かれた作品なので見ごたえがありそうです。(管理人・ミンゴ)

王の男

見事な職人芸をみせるのは、本作で大鐘賞主演男優賞に輝いた『スパイダー・フォレスト 懺悔』のカム・ウソン。『ホテル ビーナス』のイ・ジュンギが女形を演じ、妖しい魅力を放っている 。

王の男

STORY
16世紀初頭、地方の旅芸人一座の花形チャンセン(カム・ウソン)と女形のコンギル(イ・ジュンギ)は、一座を抜け漢陽へ向かう。彼らはそこで宮廷をからかった芝居を上演し、民衆の心をつかむ。だがある日、王の重臣(チャン・ハンソン)に宮廷で芸を披露し、王(チョン・ジニョン)が笑わなければ死刑だと言い渡される。

王の男

製作国: 韓国
日本公開: 2006年12月9日公開
上映時間: 2時間2分

監督:イ・ジュンイク
脚本:チェ・ソクファン
原作:キム・テウン
製作:チョン・ジンワン イ・ジュンイク
製作総指揮:キム・インス
音楽:イ・ビョンウ

出演:カム・ウソン    イ・ジュンギ    チョン・ジニョン    カン・ソンヨン    チャン・ハンソン    ユ・ヘジン    チョン・ソギョン

王の男

公式サイト 『王の男』


映画 ランキング
   
banner_04.gif
   ↑↑↑  
クリックしてもらえると嬉しいです。





韓国 | trackback(1) | comment(4) |


2006/10/18 (Wed) ユア・マイ・サンシャイン (2005)

実話を基に作られた、純朴な

青年と愛を信じられない女性が

起こす愛の奇跡を描いた感動作。


暗い過去から逃げ回り、最終的にはHIVに冒される女性と、彼女を愛し抜く男の純情を優しく見つめる。
劇中で2人が歌う「ユア・マイ・サンシャイン」の曲に、無償の愛の尊さが込められている。


実話映画は好きなので、気になる作品です。(管理人・ミンゴ)

ユア・マイ・サンシャイン

難しいヒロイン役に挑んだのは『スキャンダル』のチョン・ドヨン。その夫を演じた『甘い人生』のファン・ジョンミンは、本作のために15キロも体重を増やして臨んだ。

ユア・マイ・サンシャイン

STORY
農村で暮らすソクチュン(ファン・ジョンミン)は近所のコーヒーショップで働くウナ(チョン・ドヨン)に一目惚れする。純情な彼がなんとか彼女の気を引こうとしていたころ、ウナが客に暴行を受け重傷を負うという事件が起きる。献身的に看病するソクチュンの姿に心動かされたウナは、ついに彼のプロポーズを受けるが……。

ユア・マイ・サンシャイン

監督・脚本:パク・チンピョ
音楽:パク・ジュンソク
プロデューサー:アン・スヒョン
撮影:ソン・スンテク

出演:チョン・ドヨン    ファン・ジョンミン    ナ・ムニ    ソ・ジュヒ    ユン・ジェムン

ユア・マイ・サンシャイン


映画 ランキング
   
banner_04.gif
   ↑↑↑  
ランキングの応援をして頂ければ幸いです。







韓国 | trackback(1) | comment(2) |


2006/10/17 (Tue) Sad Movie サッド・ムービー (2005)

8人の男女の“別れの物語”に

スポットをあて、別れのあり方を

つづった、心揺さぶられる感動のドラマ。


8人の登場人物全員の人生を丁寧に描き切り、ドラマ性の強い作品に仕上がっている。

8人全員のドラマがあるみたいなので、見ごたえがありそうです。(管理人・ミンゴ)

Sad Movie サッド・ムービー

無骨な消防士を演じるのは『私の頭の中の消しゴム』のチョン・ウソン。その恋人役に『箪笥』のイム・スジョン。そのほか『甘い人生』のシン・ミナ、『僕の、世界の中心は、君だ。』のチャ・テヒョン、『ビッグ・スウィンドル!』のヨム・ジョンアら韓国のトップスターが共演。

Sad Movie サッド・ムービー

STORY
消防士のジヌ(チョン・ウソン)は、恋人のスジョン(イム・スジョン)になかなかプロポーズできずにいた。昔、火事に遭い、耳が聞こえなくなってしまったスジョンの妹のスウン(シン・ミナ)は、遊園地で白雪姫の着ぐるみをかぶって仕事をしている。そんな彼女の前に、似顔絵描きのハンサムな青年サンギュ(イ・ギウ)が現れる。

Sad Movie サッド・ムービー

●ジャンル:人間ドラマ

●上映時間:109分

●配給:2005韓/ギャガ

●監督: [監督]クォン・ジョングァン
[原案]オム・ジュヨン
[脚本]ファン・ソング
[出演]チョン・ウソン イム・スジョン チャ・テヒョン ソン・テヨンイ・ギウ シン・ミナ ヨム・ジョンア

Sad Movie サッド・ムービー


映画 ランキング
   
banner_04.gif
   ↑↑↑  
ランキングの応援をして頂ければ幸いです。





韓国 | trackback(4) | comment(3) |


2006/08/24 (Thu) グエムル -漢江の怪物- (2006)

韓国の人々のオアシス、漢江に突如出現した怪物を巡る事件に肉迫するパニック映画

『ロード・オブ・ザ・リング』などを手がけたニュージーランドのWETAワークショップが、リアルな怪物を作り上げた。

韓国映画とは思えないような作品ですね~(管理人・ミンゴ)

グエムル -漢江の怪物-

製作費12億円 高校生の頃、漢江で怪物を見た実体験を原作に、「殺人の追憶」で一躍韓国屈指のヒットメーカーに躍り出たポン・ジュノ監督が、メガホンを取った。

グエムル -漢江の怪物-

STORY
ソウルを流れる大河の漢江に、謎の怪物“グエムル”が現れ、次々と人を襲う。河川敷で売店を営むパク家の長男カンドゥ(ソン・ガンホ)の中学生の娘、ヒョンソ(コ・アソン)も怪物にさらわれてしまう。カンドゥは妹ナムジュ(ペ・ドゥナ)らとともに病院に隔離されていたが、携帯電話に娘からの連絡が入ったことから一家で脱出を試みるが……。

グエムル -漢江の怪物-

監督・原案・脚本:ポン・ジュノ
製作:チョ・ヨンベ
撮影:キム・ヒョング
脚本:パク・チョルヒョン / ハ・ジョンウォン
編集:キム・サンミン
美術:リュ・ソンヒ

キャスト
ソン・ガンホ    ペ・ドゥナ    ピョン・ヒボン    パク・ヘイル    コ・アソン    イ・ドンホ イ・ジェウン   ヨン・ジェムン

グエムル -漢江の怪物-


映画 ランキング
   
banner_04.gif
   ↑↑↑  
ランキングの応援をして頂ければ幸いです。





韓国 | trackback(0) | comment(2) |


| TOP | next >>

プロフィール

ミンゴ

ミンゴ
性別・男
年齢・20代
出身地・大阪

PR
映画が好きなので、少しでも多くの人に映画の良さ、楽しさが伝われば嬉しいです。

きまぐれで色んな映画を特集

主な更新記事は上映前映画特集

管理者の独断と偏見でカテゴリー別になっています。

当ブログはリンクフリーです。

「MOVIEクラブ」に関する要望・質問・勧誘・苦情等はこちらからどうぞ

FC2カウンター

宅配レンタル

クリックで救える命がある

MicroAd

ブログ内検索

最近の記事

カテゴリー

MOVIEサイト

● シネマトゥデイ

● 映画データベース

● シネマカフェ

● シネマトピックスオンライン

● シネマスクランブル

MOVIEブログ

● おすすめ マイベスト映画&DVD

● 映画、こんなん観ましたけど…

● 好きな映画を探して!

● ぱたぱたぱ~だでグー!

● 映画の国のチヒルカ

● アヤは観た。

リンク

● すみませんワタシは占い師

● ポエムな気分

● ひまつぶし的ある日の出来事

● COCCOLITH EARTH WATCH REPORT

● ココロをユタカにしたい日は

● 日本の心・京都&大阪。激写・で見る人情街並風景

最近のコメント

最近のトラックバック

月別

逆アクセスランキング


ブログパーツ

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。