--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2007/04/09 (Mon) ツォツィ (2005)

出口のない人生に神様が

くれたのは、生まれたばかりの贈り物


社会の底辺で暴力に明け暮れてきた少年が、生後間もない赤ん坊と出会ったことで人間性に目覚めてゆく姿を描く感動作

「ツォツィ」とは「不良」を意味する現地の言葉らしく、暴力シーンがある為、「R―15」となっていますが、乳児との出会いをきっかけに、命の大切さや罪の意識に目覚め、生きる希望を見い出す所に注目したい作品です。(管理人・ミンゴ)

ツォツィ

アフリカ映画としては初めて第78回アカデミー賞外国語映画賞を受賞した作品です。

ツォツィ

STORY
南アフリカ、ヨハネスブルクのスラム街に暮らすツォツィ(プレスリー・チュウェンヤガエー)は、仲間とつるんで窃盗やカージャックを繰り返していた。ある日、高級住宅街にやってきた彼は車を運転していた女性を撃って逃走。やがて、強奪した車の後部座席に生後間もない赤ん坊がいることに気づいたツォツィは、赤ん坊を紙袋に入れて自分の部屋に連れ帰るが……。

ツォツィ

作年: 2005年
製作国: イギリス  南アフリカ
日本公開: 2007年4月14日
上映時間: 95分

監督・脚本:ギャヴィン・フッド
製作:ピーター・フダコウスキ
原作:アソル・フガード
製作総指揮:サム・ベンベ    ダグ・マンコフ    ロビー・リトル
撮影:ランス・ギーワー

出演:プレスリー・チュエニヤハエ     テリー・ペート     ケネス・ンコースィ    ゼンゾ・ンゴーベ     モツスィ・マッハーノ     ジェリー・モフォケン

ツォツィ


c_02.gif
映画 ランキング
banner2.gif
   ↑↑↑  
皆さんの応援が僕のやる気に繋がります。
ポスター画像をクリックすると公式サイト



社会派 | trackback(0) | comment(0) |


<<東京タワー オカンとボクと、時々、オトン (2006) | TOP | ハンニバル・ライジング (2007)>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://03mingo.blog57.fc2.com/tb.php/269-bf5bc56e

| TOP |

プロフィール

ミンゴ

ミンゴ
性別・男
年齢・20代
出身地・大阪

PR
映画が好きなので、少しでも多くの人に映画の良さ、楽しさが伝われば嬉しいです。

きまぐれで色んな映画を特集

主な更新記事は上映前映画特集

管理者の独断と偏見でカテゴリー別になっています。

当ブログはリンクフリーです。

「MOVIEクラブ」に関する要望・質問・勧誘・苦情等はこちらからどうぞ

FC2カウンター

宅配レンタル

クリックで救える命がある

MicroAd

ブログ内検索

最近の記事

カテゴリー

MOVIEサイト

● シネマトゥデイ

● 映画データベース

● シネマカフェ

● シネマトピックスオンライン

● シネマスクランブル

MOVIEブログ

● おすすめ マイベスト映画&DVD

● 映画、こんなん観ましたけど…

● 好きな映画を探して!

● ぱたぱたぱ~だでグー!

● 映画の国のチヒルカ

● アヤは観た。

リンク

● すみませんワタシは占い師

● ポエムな気分

● ひまつぶし的ある日の出来事

● COCCOLITH EARTH WATCH REPORT

● ココロをユタカにしたい日は

● 日本の心・京都&大阪。激写・で見る人情街並風景

最近のコメント

最近のトラックバック

月別

逆アクセスランキング


ブログパーツ

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。