--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2007/09/13 (Thu) この道は母へとつづく (2005)

ほんとうのママに会いたい-

顔も知らない母親を探し求めた少年の実話を、ロシアの新鋭アンドレイ・クラフチューク監督が映画化した感動作。

主人公の子供は6歳なのに勇気ある行動です。実話を基に作られた作品で、アンドレイ・クラフチューク監督はロシアの社会問題も映し出したいと強く思い制作された作品でもあります。(管理人・ミンゴ)

この道は母へとつづく

2006年アカデミー賞最優秀外国語映画賞部門ロシア代表作品

2005年ベルリン国際映画祭少年映画部門グランプリ

2006年トロント国際映画祭正式出品

この道は母へとつづく

STORY
ロシアの孤児院で暮らす6歳のワーニャ(コーリャ・スピリドノフ)は、幸運にも養子を探しに来たイタリア人夫婦に引き取られることになる。院の仲間たちからの嫉妬(しっと)と羨望(せんぼう)のまなざしを浴びる中、「引き取られる前に、一目でいいから本当のママに会いたい」という気持ちを募らせた彼は、実の母親を探しに孤児院を脱走してしまう。

この道は母へとつづく

製作年: 2005年
製作国: ロシア
日本公開: 2007年10月27日
上映時間: 99分

監督:アンドレイ・クラフチューク
脚本:アンドレイ・ロマノフ
撮影:アレクサンドル・ブーロフ
音楽:アレクサンドル・クナイフェリ

出演:コーリャ・スピリドノフ    マリーヤ・クズネツォーヴァ    ダーリヤ・レスニコーワ    ユーリイ・イツコーフ    ニコライ・レウトフ

この道は母へとつづく

映画 ランキング
   
banner_04.gif
   ↑↑↑  
ポスター画像をクリックすると公式サイト
ランキングの応援をして頂ければ幸いです。

実話 | trackback(1) | comment(2) |


<<タロットカード殺人事件 (2006) | TOP | パーフェクト・ストレンジャー (2007)>>

comment











管理人のみ閲覧OK


 

ただいま色々なブログを応援しています!
応援ポチッ!

2007/09/13 13:33 | マルコ [ 編集 ]


 

マルコさん
初めまして、ミンゴです。
コメント、応援ありがとうございます。
これからもよろしくです(* ̄∇ ̄*)

2007/09/13 23:16 | ミンゴ [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://03mingo.blog57.fc2.com/tb.php/327-098ef2b9

『この道は母へとつづく』
----この映画って想像ついちゃうよね。お母さんを訪ねて、孤児院の子供が旅をするというお話でしょ。「確かにそれはそうなんだけど、観る前に思っていたハートウォーミングな作品とはまったく違っていたね。この映画の舞台はロシア。そこで育てられる子供たちは、親に捨てら //ラムの大通り 2007/09/13 09:45

| TOP |

プロフィール

ミンゴ

ミンゴ
性別・男
年齢・20代
出身地・大阪

PR
映画が好きなので、少しでも多くの人に映画の良さ、楽しさが伝われば嬉しいです。

きまぐれで色んな映画を特集

主な更新記事は上映前映画特集

管理者の独断と偏見でカテゴリー別になっています。

当ブログはリンクフリーです。

「MOVIEクラブ」に関する要望・質問・勧誘・苦情等はこちらからどうぞ

FC2カウンター

宅配レンタル

クリックで救える命がある

MicroAd

ブログ内検索

最近の記事

カテゴリー

MOVIEサイト

● シネマトゥデイ

● 映画データベース

● シネマカフェ

● シネマトピックスオンライン

● シネマスクランブル

MOVIEブログ

● おすすめ マイベスト映画&DVD

● 映画、こんなん観ましたけど…

● 好きな映画を探して!

● ぱたぱたぱ~だでグー!

● 映画の国のチヒルカ

● アヤは観た。

リンク

● すみませんワタシは占い師

● ポエムな気分

● ひまつぶし的ある日の出来事

● COCCOLITH EARTH WATCH REPORT

● ココロをユタカにしたい日は

● 日本の心・京都&大阪。激写・で見る人情街並風景

最近のコメント

最近のトラックバック

月別

逆アクセスランキング


ブログパーツ

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。