--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2008/01/09 (Wed) 潜水服は蝶の夢を見る (2007)

ぼくは生きている。

話せず、身体は動かないが、

確実に生きている。


ファッション誌「エル」の編集長として活躍する人生から一転、脳梗塞(こうそく)で左目のまぶた以外の自由が効かなくなってしまった男の実話を映画化。

監督のジュリアン・シュナーベルは「バスキア」「夜になるまえに」と同様、ある人物の一生を追った映画を撮り続けている監督さんです。当初はジョニー・デップ主演で製作される話もあったみたいですが多忙の為、主演はマチュー・アマルリックに変更されたらしいです。(管理人・ミンゴ)

潜水服は蝶の夢を見る

2007年第60回カンヌ国際映画際 監督賞、高等技術賞受賞

原作は主人公のジャン=ドミニック・ボビー自身が20万回のまばたきでつづった自伝小説。

潜水服は蝶の夢を見る

STORY
昏睡(こんすい)状態から目覚めたものの、左目のまぶた以外を動かすことができないエル誌編集長ジャン=ドミニク・ボビー(マチュー・アマルリック)。意識ははっきりしているにもかかわらず言葉を発することができない彼に、言語療法士のアンリエット(マリ=ジョゼ・クローズ)はまばたきでコミュニケーションを取る方法を教える。

潜水服は蝶の夢を見る

製作年: 2007年
製作国: フランス  アメリカ
日本公開: 2008年 2月 9日
上映時間: 112分

監督:ジュリアン・シュナーベル
製作:キャスリーン・ケネディ    ジョン・キリク
原作:ジャン=ドミニック・ボビー
脚本:ロナルド・ハーウッド
撮影:ヤヌス・カミンスキー
音楽:ポール・カンテロン
編集:ジュリエット・ウェルフラン

出演:マチュー・アマルリック    エマニュエル・セニエ    マリ=ジョゼ・クローズ    アンヌ・コンシニ    パトリック・シェネ    ジャン=ピエール・カッセル    マリナ・ハンズ    マックス・フォン・シドー

潜水服は蝶の夢を見る

↑ ポスター画像をクリックすると公式サイト ↑


c_02.gif
映画 ランキング
banner2.gif
   ↑↑↑  
皆さんの応援が僕のやる気に繋がります。


実話 | trackback(0) | comment(1) |


<<新年の挨拶 | TOP | フローズン・タイム (2006)>>

comment











管理人のみ閲覧OK


 

こんにちは。
私も先日観ました。
いい映画でしたね。
http://blogs.yahoo.co.jp/kemukemu23611

2008/03/01 20:11 | kemukemu [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://03mingo.blog57.fc2.com/tb.php/352-d33d0f65

| TOP |

プロフィール

ミンゴ

ミンゴ
性別・男
年齢・20代
出身地・大阪

PR
映画が好きなので、少しでも多くの人に映画の良さ、楽しさが伝われば嬉しいです。

きまぐれで色んな映画を特集

主な更新記事は上映前映画特集

管理者の独断と偏見でカテゴリー別になっています。

当ブログはリンクフリーです。

「MOVIEクラブ」に関する要望・質問・勧誘・苦情等はこちらからどうぞ

FC2カウンター

宅配レンタル

クリックで救える命がある

MicroAd

ブログ内検索

最近の記事

カテゴリー

MOVIEサイト

● シネマトゥデイ

● 映画データベース

● シネマカフェ

● シネマトピックスオンライン

● シネマスクランブル

MOVIEブログ

● おすすめ マイベスト映画&DVD

● 映画、こんなん観ましたけど…

● 好きな映画を探して!

● ぱたぱたぱ~だでグー!

● 映画の国のチヒルカ

● アヤは観た。

リンク

● すみませんワタシは占い師

● ポエムな気分

● ひまつぶし的ある日の出来事

● COCCOLITH EARTH WATCH REPORT

● ココロをユタカにしたい日は

● 日本の心・京都&大阪。激写・で見る人情街並風景

最近のコメント

最近のトラックバック

月別

逆アクセスランキング


ブログパーツ

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。