--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2008/05/09 (Fri) 幻影師アイゼンハイム (2006)

すべてを欺いても

手に入れたいもの、それは君。


19世紀末のウィーンを舞台に、一人の天才幻影師と、皇太子との結婚を控えた公爵令嬢の禁断の愛を描いたラブストーリー。

当初全米での公開はわずか51館でしたが、出来栄えの良さが次々と口コミを呼び、公開劇場数は最大1,438館まで拡大した作品です。(管理人・ミンゴ)

幻影師アイゼンハイム

ピュリッツァー賞受賞作家スティーヴン・ミルハウザーの同名短編小説を「クラッシュ」「サイドウェイ」のアカデミー賞製作スタッフが映画化

主演は「ハンニバル・ライジング」「25時」のエドワード・ノートン

当時の世相を加味したゴージャスでサスペンスフルな展開と驚きのラストシーンに注目だ。

幻影師アイゼンハイム

STORY
魅惑的なイリュージョンで、大衆の心をつかむ幻影師アイゼンハイム(エドワード・ノートン)。ある日、彼の評判を聞きつけた皇太子レオポルド(ルーファス・シーウェル)が、婚約者のソフィ(ジェシカ・ビール)を連れて彼のショーを観覧。しかし、アイゼンハイムとソフィの間には、幼い日に身分の違いが原因で引き裂かれた過去があった。

幻影師アイゼンハイム

英題: THE ILLUSIONIST
製作年: 2006年
製作国: アメリカ チェコ
日本公開: 2008年5月24日
上映時間: 109分

監督・脚本: ニール・バーカー
原作: スティーヴン・ミルハウザー
製作: マイケル・ロンドン
撮影: ディック・ポープ
美術: オンドジェイ・ネクヴァスィル
編集: ナオミ・ジェラハティ
音楽: フィリップ・グラス

出演:エドワード・ノートン    ポール・ジアマッティ    ジェシカ・ビール    ルーファス・シーウェル    エドワード・マーサン    ジェイク・ウッド    トム・フィッシャー    カール・ジョンソン

幻影師アイゼンハイム

↑ ポスター画像をクリックすると公式サイト ↑

サスペンス | trackback(1) | comment(3) |


<<バグズ・ワールド (2006) | TOP | おいしいコーヒーの真実 (2006)>>

comment











管理人のみ閲覧OK


隠し砦の三悪人 

を、昨日、レイト・ショーで家族4人で観てきました。

 きたない格好をしていた時の「長沢まさみ」が
彼女らしくなくってよかったな。

 松本潤の演技は、期待以上。

 阿部寛の殺陣は、良かったですね。

2008/05/11 13:39 | MITSU [ 編集 ]


 

予告を観たんですが、おもしろそうでした。多分観にいくと思います。大阪は6月になってからかな?

先日、華氏911にいただいたコメントに関してですが、御礼が遅くなりすいません。動画長かったので、観るのに時間かかってしまいました。本当だったらとんでもないヤツらですよね。テロの検証の動画は、一部民放で観たのといっしょかな?(番組姪忘れましたが)最近ニュースはあまり信用していません。信じがたいことばかり起こるので、嫌になります。
華氏911は続編製作中みたいです。今回もけちょんけちょんにするんでしょうね

2008/05/17 00:35 | Whitedog [ 編集 ]


 

MITSUさん
返事が遅れましたすみません
隠し砦の三悪人は黒澤明監督さんのリメイクですよね?
家族4人で楽しく鑑賞出来たのなら良かったです!!
最近レイト・ショーに行っていないので僕も行きたいです!!


Whitedogさん
返事が遅くなりすみません!!

本作品は大阪での公開は6/7~みたいです!!
詳しくは ↓↓↓
http://info.movies.yahoo.co.jp/detail/tyst/id327031/pr27/

あの動画は長いですね、権力やマスメディを利用すれば
なんでも出来ると思っているところがタチが悪いです。
僕もテレビのニュースは偏った報道ばかりだと思うので
気になった出来事はいろんな所から情報を収集するように
心がけています。今のテレビ局は視聴率やスポンサー
の事ばかり考えていそうで…

華氏911の続編があるとは知りませんでした。
どちらにしてもムーアさんが何事もなく無事に
撮影が終わるのを願うばかりです!!

2008/06/05 06:04 | ミンゴ [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://03mingo.blog57.fc2.com/tb.php/374-40d37d3c

幻影師アイゼンハイム
19世紀末のウィーンは、科学と幻想が入り混じった不思議な空間だ。華やかなのに暗い古都を舞台に、天才幻影師の命を賭けたショーと、幼馴染の公爵令嬢との運命的な愛を描く。とはいえ、物語のプロットは映画を見慣れた人なら察しがつくもの。大掛かりな仕掛けや緻密な謎解... //映画通信シネマッシモ☆プロの映画ライターが贈る映画評 2008/06/05 09:37

| TOP |

プロフィール

ミンゴ

ミンゴ
性別・男
年齢・20代
出身地・大阪

PR
映画が好きなので、少しでも多くの人に映画の良さ、楽しさが伝われば嬉しいです。

きまぐれで色んな映画を特集

主な更新記事は上映前映画特集

管理者の独断と偏見でカテゴリー別になっています。

当ブログはリンクフリーです。

「MOVIEクラブ」に関する要望・質問・勧誘・苦情等はこちらからどうぞ

FC2カウンター

宅配レンタル

クリックで救える命がある

MicroAd

ブログ内検索

最近の記事

カテゴリー

MOVIEサイト

● シネマトゥデイ

● 映画データベース

● シネマカフェ

● シネマトピックスオンライン

● シネマスクランブル

MOVIEブログ

● おすすめ マイベスト映画&DVD

● 映画、こんなん観ましたけど…

● 好きな映画を探して!

● ぱたぱたぱ~だでグー!

● 映画の国のチヒルカ

● アヤは観た。

リンク

● すみませんワタシは占い師

● ポエムな気分

● ひまつぶし的ある日の出来事

● COCCOLITH EARTH WATCH REPORT

● ココロをユタカにしたい日は

● 日本の心・京都&大阪。激写・で見る人情街並風景

最近のコメント

最近のトラックバック

月別

逆アクセスランキング


ブログパーツ

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。