--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2007/10/24 (Wed) オリヲン座からの招待状 (2007)

僕ずっとオリヲン座を守るさかい

ここでいつまでも、一緒に

映画(シャシン)かけてもらえますか。


昭和30年代の京都を舞台に激動の時代に翻弄されながらも、映画館を守り続けた夫婦の純愛の物語。

夫婦の純愛物語だけではなく、映画や映画館に対する愛情が込められている作品でもあると思います。(管理人・ミンゴ)

オリヲン座からの招待状

浅田次郎
さんの大ベストセラー短編集「鉄道員」に収録された一編を映画化した。

主演は『たそがれ清兵衛』の宮沢りえと『硫黄島からの手紙』の加瀬亮

貧乏に耐えながら映画館を守り続け、映画への明かりをともし続けた2人の固いきずなが感動を呼ぶ。

オリヲン座からの招待状

STORY
昭和25年の開館以来、オリヲン座の館主を務めてきた豊田松蔵(宇崎竜童)が病に倒れ、その弟子だった留吉(加瀬亮)が志を引き継ぎ、先代の妻トヨ(宮沢りえ)と映画館を守ることになった。映画産業が斜陽になり、周囲の人間に陰口をたたかれながらも、2人は映画を愛し、互いを思いやり続けた。

オリヲン座からの招待状

製作国: 日本
日本公開: 2007年11月3日
上映時間: 116分

監督:三枝健起
原作:浅田次郎
脚本:いながききよたか
撮影:柳田裕男
音楽:村松崇継

出演:宮沢りえ    加瀬亮    宇崎竜童    田口トモロヲ    中原ひとみ    樋口可南子    原田芳雄

オリヲン座からの招待状

予告  [1]  [2]

banner2.gif

映画 ランキング
   ↑↑↑  
ポスター画像をクリックすると公式サイト
ランキングの応援をして頂ければ幸いです。

邦画 | trackback(0) | comment(2) |


2007/10/04 (Thu) クワイエットルームにようこそ (2007)

わたしは ここ で

生まれ変わるのだ


社会とは、恋愛とは、人生とは?「不安」と共に生きる全ての人々に松尾スズキが贈る「クワイエットルームにようこそ!」
ある日突然、精神科の閉鎖病棟に閉じ込められたバツイチライターの入院生活を描く。


個性的なキャスティングに加えて決して軽くないテーマをテンポよく楽しく時には切なく松尾スズキ監督は描かいています。長編監督第2作品目になる松尾スズキさんは他にも劇団「大人計画」の主宰者で、演出から脚本、俳優までこなしているからすごい方です。(管理人・ミンゴ)

クワイエットルームにようこそ

松尾スズキ芥川賞候補となった小説「クワイエットルームにようこそ」を自らが映画化した異色コメディー

幅広い分野で活躍する宮藤官九郎、『フラガール』の蒼井優、『涙そうそう』などでも知られる妻夫木聡、人気と実力を兼ね備えた豪華キャストが顔をそろえる。

クワイエットルームにようこそ

STORY
仕事も恋愛も微妙な28歳のフリーライター明日香(内田有紀)は、ある日、目が覚めると見知らぬ部屋にいた。そこは“クワイエットルーム”と呼ばれる隔離された閉鎖病棟で、ナースから薬物とアルコールの過剰摂取により運び込まれたと説明される。さまざまな問題を抱えた患者たちと出会う中、彼女は自身を見つめ直してゆく。

クワイエットルームにようこそ

製作年: 2007年
製作国: 日本
日本公開: 2007年10月20日
上映時間: 1時間58分

監督・脚本:松尾スズキ
原作:松尾スズキクワイエットルームにようこそ」(文藝春秋刊)
プロデューサー:今村景子    菅原直太
撮影:岡林昭弘
編集:上野聡一
音楽:門司肇     森敬
美術:小泉博康

出演:内田有紀    宮藤官九郎    蒼井優    りょう    妻夫木聡    大竹しのぶ    中村優子    高橋真唯    箕輪はるか    塚本晋也

クワイエットルームにようこそ
 
 
banner2.gif

映画 ランキング
   ↑↑↑  
ポスター画像をクリックすると公式サイト
ランキングの応援をして頂ければ幸いです。





邦画 | trackback(2) | comment(6) |


2007/06/19 (Tue) 殯の森  (2007)

生きてゆくこと 死にゆくこと 

その結び目の刻をたゆたう、森と人間の一大抒情詩

第60回カンヌ国際映画祭グランプリ受賞作


互いに家族を亡くしている認知症の老人と女性介護士の触れ合いを通して、人間の生と死を静かな眼差しで綴る。

日本人が誇りにしたい思いを込めた。カンヌ映画祭で評価されたことで、日本が今、大切にしなければならないことを発信できた。(河瀬直美

河瀬直美監督、カンヌグランプリ受賞、本当におめでとうございます。(管理人・ミンゴ)

殯の森

殯(もがり)は日本の古代に行なわれていた葬儀儀礼で、死者を本葬するまでの期間、棺に遺体を仮に納めて安置し、別れを惜しむこと、またその棺を安置する場所を指す

演技をするのが初めてというアマチュアのうだしげきと尾野真千子の演技にも注目。

殯の森

STORY
妻を亡くし、山間部のグループホームで介護スタッフとともに共同生活を送るしげき(うだしげき)。そこに、新しく介護福祉士としてやってきた真千子(尾野真千子)。彼女もまた、つらい思いを抱えていた。日々の生活の中で、2人は次第に打ち解け合っていくのだったが……。

殯の森

製作年: 2007年
日本公開: 2007年6月23日
上映時間: 97分

監督・脚本・プロデュース:河瀬直美
撮影:中野英世
録音:阿尾茂毅
美術:磯見俊裕
音楽:茂野雅道
 
出演:うだしげき     尾野真千子     渡辺真起子     ますだかなこ

殯の森

映画 ランキング
   
banner_04.gif
   ↑↑↑  
ポスター画像をクリックすると公式サイト
ランキングの応援をして頂ければ幸いです。

邦画 | trackback(0) | comment(0) |


2007/06/07 (Thu) 舞妓Haaaan!!! (2007)

京都は日本の宝どす。

前人未到の超エンターテインメント

舞妓”ムービーが今、幕を開ける!


今回、脚本家・宮藤官九郎が描くのは「一見さんお断り」という神秘のベールに包まれた「舞妓の世界」を迷走するオトコとオンナ

宮藤官九郎さん脚本の「池袋ウエストゲートパーク」好きです。本作もストーリー展開が面白そうだし、京都を舞台に、主演の阿部サダヲさんがハイテンションの演技で楽しませてくれそうです。(管理人・ミンゴ)

舞妓Haaaan!!! 

阿部サダヲにとって、映画初主演作となる。本作が植木等の遺作となった。

舞妓Haaaan!!! 

STORY
熱狂的な舞妓ファンの鬼塚公彦(阿部サダヲ)は、念願の京都支社への転勤が決まる。恋人の富士子(柴咲コウ)を捨てて京都入りした彼は、お茶屋へ直行するも、「一見さんお断り」の壁にぶつかってしまう。しかし、会社の社長がお茶屋の常連で、仕事で実績を出した公彦はついにお茶屋デビューを果たす。そこにプロ野球選手の内藤(堤真一)が乱入、その場を台無しにされる。一方、鬼塚にふられたOLの富士子は、彼を見返そうと舞妓を志す。

舞妓Haaaan!!! 

製作年: 2007年
製作国: 日本
日本公開: 2007年6月16日
上映時間: 120分

監督:水田伸生
プロデューサー:飯沼伸之
脚本:宮藤官九郎
撮影:藤石修
美術:清水剛
照明:長田達也
録音:鶴巻仁
主題歌:グループ魂に柴咲コウが「お・ま・え ローテンションガール

出演:阿部サダヲ    堤真一    柴咲コウ    小出早織    京野ことみ    大倉孝二    生瀬勝久    伊東四朗

舞妓Haaaan!!! 


c_02.gif
映画 ランキング
banner2.gif
   ↑↑↑  
皆さんの応援が僕のやる気に繋がります。
ポスター画像をクリックすると公式サイト



邦画 | trackback(0) | comment(2) |


2007/04/11 (Wed) 東京タワー オカンとボクと、時々、オトン (2006)

ボクの1番大切な人。

ボクのために自分の人生を生きてくれた人

ボクのオカン。


リリー・フランキーが亡き母への思いをつづって、200万部を超える大ベストセラーとなった同名の自伝小説の映画化

本やドラマでも見た事ないので、是非映画で見たい作品です。それにしても樹木希林オダギリジョーがすごく良い感じに見えます。(管理人・ミンゴ)

東京タワー オカンとボクと、時々、オトン

オカン”にベテラン女優の樹木希林。どこか頼りなくナイーブな主人公を演じたオダギリジョーがハマリ役。

東京タワー オカンとボクと、時々、オトン

STORY
1960年代。3歳のボク(オダギリジョー)は、真夜中に玄関の戸を蹴破って帰ってきた酔っぱらいのオトン(小林薫)にいきなり焼き鳥の串を食べさせられてしまう。オトンに手を焼いたオカン(樹木希林)はボクを筑豊の実家に連れ帰り、妹の“ブーブおばさん”の小料理屋を手伝いながら、女手一つでボクを育て始めるのだった。

東京タワー オカンとボクと、時々、オトン

製作年: 2006年
製作国: 日本
日本公開: 2007年4月14日

監督:松岡錠司
原作:リリー・フランキー
脚本:松尾スズキ
撮影:笠松則通
美術:原田満生
音楽:上田禎

出演:オダギリジョー    樹木希林    内田也哉子    松たか子    小林薫

東京タワー オカンとボクと、時々、オトン

映画 ランキング
   
banner_04.gif
   ↑↑↑  
ポスター画像をクリックすると公式サイト
ランキングの応援をして頂ければ幸いです。

邦画 | trackback(2) | comment(4) |


<< back | TOP | next >>

プロフィール

ミンゴ

ミンゴ
性別・男
年齢・20代
出身地・大阪

PR
映画が好きなので、少しでも多くの人に映画の良さ、楽しさが伝われば嬉しいです。

きまぐれで色んな映画を特集

主な更新記事は上映前映画特集

管理者の独断と偏見でカテゴリー別になっています。

当ブログはリンクフリーです。

「MOVIEクラブ」に関する要望・質問・勧誘・苦情等はこちらからどうぞ

FC2カウンター

宅配レンタル

クリックで救える命がある

MicroAd

ブログ内検索

最近の記事

カテゴリー

MOVIEサイト

● シネマトゥデイ

● 映画データベース

● シネマカフェ

● シネマトピックスオンライン

● シネマスクランブル

MOVIEブログ

● おすすめ マイベスト映画&DVD

● 映画、こんなん観ましたけど…

● 好きな映画を探して!

● ぱたぱたぱ~だでグー!

● 映画の国のチヒルカ

● アヤは観た。

リンク

● すみませんワタシは占い師

● ポエムな気分

● ひまつぶし的ある日の出来事

● COCCOLITH EARTH WATCH REPORT

● ココロをユタカにしたい日は

● 日本の心・京都&大阪。激写・で見る人情街並風景

最近のコメント

最近のトラックバック

月別

逆アクセスランキング


ブログパーツ

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。