--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2007/07/25 (Wed) プラネット・テラー in グラインドハウス (2007)

ロドリゲスが進化させる「グラインド

ハウス」は、近未来ホラーアクション!


クエンティン・タランティーノ監督とロバート・ロドリゲス監督が企画したイベントムービー。1970年代から80年代のB級ホラー映画にオマージ(尊敬)を捧げた内容で超セクシーなゾンビ映画。

ロバート・ロドリゲス監督の作品と言えば「デスペラード」「シン・シティ」アクション映画は得意分野のはずです。さらに頭のおかしい兵士役でクエンティン・タランティーノが出演していたりと興味をそそられます。(管理人・ミンゴ)

プラネット・テラー in グラインドハウス

ロバート・ロドリゲス監督は敬愛してやまないジョン・カーペンター作品や、ルチオ・フルチの『サンゲリア』(!)、ジョージ・A・ロメロの『ゾンビ 米国劇場公開版 GEORGE A ROMERO’S DAWN OF THE DEAD ZOMBIE』といった、ゾンビ映画をベースに、独自のアイデアを満載した近未来ホラー・アクションを作り上げている。

全米では「グラインドハウス」としてロドリゲス編(本作>プラネット・テラー in グラインドハウス)~タランティーノ編(デス・プルーフ in グラインドハウス)の順番で一度で上映された。両作品合わせて3時間以上あったみたいです。日本では公開される順番が逆ですが別々として公開される。

プラネット・テラー in グラインドハウス

STORY
軍人マルドゥーン(ブルース・ウィリス)が細菌兵器をばら撒いたことで、テキサス州オースティンにある町の住民はゾンビ化してしまう。ゾンビたちが次々と人々を襲う中、片足がM16マシンガンになっている人気ストリッパーのチェリー(ローズ・マツゴーワン)が立ち上がる。軍隊やゾンビ、頭のおかしい兵士など、さまざまな敵がチェリーに襲いかかってくる。

プラネット・テラー in グラインドハウス

製作年: 2007年
製作国: アメリカ
日本公開: 2007年9月22日
上映時間: 105分

監督・脚本・撮影:ロバート・ロドリゲス

出演:ローズ・マッゴーワン   ブルース・ウィリス    フレディ・ロドリゲス    ジョシュ・ブローリン    マーリー・シェルトン    ジェフ・フェイヒー    ファーギー    クエンティン・タランティーノ

プラネット・テラー in グラインドハウス


c_02.gif
映画 ランキング
banner2.gif
   ↑↑↑  
皆さんの応援が僕のやる気に繋がります。
ポスター画像をクリックすると公式サイト



ホラー | trackback(1) | comment(0) |


2007/06/28 (Thu) ゴースト・ハウス (2007)

その家は、人恋しくて、

人恋しくて、たまらなかった・・・


古い一軒家に引っ越してきた一家が、悪夢のような体験を余儀なくされるスクリーミング・ホラー。

怖がらせ方がジャパニーズホラー「リング」や「呪怨」に似ているらしいです。日本独特の怖さは、日本映画に勝るものはないと僕個人的には思います。ハリウッドのホラー映画なら、グロテスクさがあったり、「ソウ」シリーズなどサスペンス的な要素が組み込まれていれば良いですね。これからの季節、ついつい見たくなる作品でもあります。(管理人・ミンゴ)

ゴースト・ハウス

スパイダーマン」シリーズのサム・ライミ監督が設立したホラー専門の映画会社ゴースト・ハウス・ピクチャーズ。第1弾は日本の清水崇監督を招いて製作されたハリウッドリメイク作品「THE JUON/呪怨」、続く第2弾は「ブギーマン」。第3弾が「ゴースト・ハウス」だ。

VFXを多用した心霊描写や心臓を刺激するショック描写の数々が満載。

ゴースト・ハウス

STORY
大都会シカゴを離れ、ノース・ダコタの人里離れた農場に引っ越してきたソロモン一家。失業中の父ロイ(ディラン・マクダーモット)はここでのヒマワリ栽培に賭ける一方、家族の心をバラバラにした問題児の長女ジェス(クリステン・スチュワート)の存在に頭を痛めていた。そんな中、ジェスは家の中で怪現象の数々に遭遇し始める。

ゴースト・ハウス

製作年: 2007年
製作国: アメリカ
日本公開: 2007年7月21日
上映時間: 90分

監督:オキサイド・パン   ダニー・パン
製作:サム・ライミ   ロブ・タバート   ウィリアム・シェラック
原案:トッド・ファーマー
脚本:マーク・ウィートン
撮影:デヴィッド・ゲッデス
音楽:ジョセフ・ロドゥカ

出演:クリステン・スチュワート    ディラン・マクダーモット    ペネロープ・アン・ミラー    ジョン・コーベット    ジョデル・フェルランド    ダスティン・ミリガン

ゴースト・ハウス

映画 ランキング
   
banner_04.gif
   ↑↑↑  
ポスター画像をクリックすると公式サイト
ランキングの応援をして頂ければ幸いです。

ホラー | trackback(0) | comment(2) |


2007/05/16 (Wed) リーピング (2007)

イナゴ少女、現る。

「ボーイズ・ドント・クライ」「ミリオンダラー・ベイビー」で2度のアカデミー主演女優に輝いたヒラリー・スワンク最新主演映画。

イナゴ少女・・・子供の頃は昆虫など好きでしたが今は駄目です。さらに大量に発生されると苦手所の問題じゃなくなります。どうしてそのような少女が居たのかが不思議です。(管理人・ミンゴ)

リーピング

“奇跡”と呼ばれる現象の数々をひも解いてきた大学教授が、依頼を受けて赴いた小さな町で不可思議な現象に遭遇するスーパーナチュラル・スリラー。オカルトホラーを思わせる不気味な展開と、その裏に潜む秘密が明らかになる衝撃のラストに注目。

リーピング

STORY
幼い娘と夫を亡くしたキャサリンは、大学教授として超常現象の解明に努めていた。田舎町の教師から依頼を受けて現地へと向かった彼女は、“神の怒りを買った”として町の人々に憎まれる、ローレンという少女と出会う。

リーピング

製作年: 2007年
製作国: アメリカ
日本公開: 2007年5月19日
上映時間: 100分

監督:スティーブン・ホプキンス
脚本:ケアリー・W・ヘイズ チャド・ヘイズ
製作:ジョエル・シルバー ロバート・ゼメキス
撮影:ピーター・レビィ
音楽:ジョン・フリッゼル

出演:ヒラリー・スワンク    デイビッド・モリッシー    アイドリス・エルバ    アナソフィア・ロブ    スティーブン・レイ

リーピング


c_02.gif
映画 ランキング
banner2.gif
   ↑↑↑  
皆さんの応援が僕のやる気に繋がります。
ポスター画像をクリックすると公式サイト



ホラー | trackback(0) | comment(0) |


2006/12/03 (Sun) プレスリー VS ミイラ男 (2002)

70歳になるエルヴィス・プレスリーと、

4千年前のエジプトのミイラ

男の死闘を描くホラー活劇。


人気作家ジョー・R・ランズデールの原作を、『ファンタズム』シリーズでカルト的人気を誇るドン・コスカレリ監督が、プレスリーへのオマージュたっぷりに映像化した。

プレスリー VS ミイラ男、わかりやすい邦題、エルヴィス・プレスリーが生きている事だけでもビックリなのに、ミイラと死闘をするってもはやコメディ映画ですね、しかし、エルヴィス・プレスリー決まってます。(管理人・ミンゴ)

プレスリー VS ミイラ男

出演は『死霊のはらわた』シリーズのブルース・キャンベルと、『ドゥ・ザ・ライト・シング』のオシー・デイヴィス。

インファナル・アフェア

STORY
ソックリさんと入れ替わり、第2の人生を送るエルヴィス・プレスリー(ブルース・キャンベル)が入院する老人ホームで、入居者の不自然な突然死が続発していた。友人のジャック(オシー・デイヴィス)は、全米巡回中に行方不明となった4千年前のエジプトのミイラの仕業だと見抜く。2人は老体にむちを打ってミイラ男退治に立ちあがる。

インファナル・アフェア

製作国: アメリカ
日本公開: 2006年12月16日
上映時間: 1時間32分

監督・脚本・製作:ドン・コスカレリ
原作:ジョー・R・ランズデール
撮影:アダム・ジャネイロ
プロダクション・デザイナー:ダニエル・ベエッキオーニ
編集:ドナルド・ミルン     スコット・J・ギル
音楽:ブライアン・タイラー
衣装:シェリー・ケイ

出演:ブルース・キャンベル    オシー・デイヴィス    エラ・ジョイス    ハイディ・マーンハウト    ボブ・アイヴィ    エディット・ジェファーソン    ラリー・ペンネル

インファナル・アフェア


映画 ランキング
   
banner_04.gif
   ↑↑↑  
ポスター画像をクリックすると公式サイト
ランキングの応援をして頂ければ幸いです。





ホラー | trackback(2) | comment(0) |


2006/10/27 (Fri) ソウ2 (2005)

低予算にもかかわらず、斬新なアイデアと

巧みなストーリー展開が評判を呼び、世界的に

大ヒットしたサスペンス・スリラーの続編。


ある共通点をもとに出口のない家に監禁された者たちが、凶悪犯“ジグソウ”の仕掛けた凄惨な“ゲーム”の数々に翻弄され、逃げ場のない死の恐怖を体感していく。

オープニングからゲームが始まるので引き込まれました。
続編なのでどんでん返しを期待して見ないほうが楽しめると思います。(管理人・ミンゴ)


ソウ2

監督・脚本は26歳の若手新鋭ダーレン・リン・ブーズマンが担当する。興行収入5億円。 なお、本編の撮影はわずか25日間で終了した(前作は18日間)

ソウ2

STORY
元々は荒くれ刑事で今は内勤に甘んじているエリック。彼はある時、猟奇的連続殺人犯ジグソウを執拗に追う女刑事ケリーに呼び出され、凄惨極まりない殺人現場に立ち会う。その残忍な手口から、これもジグソウの仕業に違いないと思われた。しかも死体はエリックが使っていた情報屋、マイケルだった。犯人が現場に残したヒントから、エリックはアジトを推測、SWAT、ケリーとともに急行する。案の定、そこにいたジグソウは、思いがけずあっけなく捕まった。だが、それはジグソウが仕掛けた新たなゲームの始まりに過ぎなかった。その部屋に設置されたモニターには、どこかの部屋に監禁された男女8人が写っており、その中にはエリックの息子ダニエルも閉じこめられていたのだった…。

ソウ2

監督: ダーレン・リン・バウズマン
製作: マーク・バーグ     グレッグ・ホフマン      オーレン・クールズ
製作総指揮: ジェームズ・ワン    リー・ワネル    ピーター・ブロック    ジェイソン・コンスタンティン    ステイシー・テストロ
脚本: ダーレン・リン・バウズマン    リー・ワネル
撮影: デヴィッド・A・アームストロング    キット・ホイットモア
プロダクションデザイン: デヴィッド・ハックル
編集: ケヴィン・グルタート
 
出演: ドニー・ウォールバーグ    ショウニー・スミス   トビン・ベル    フランキー・G    グレン・プラマー ディナ・メイヤー    エマニュエル・ヴォージア    ビヴァリー・ミッチェル    エリック・ナドセン    ティム・バード    トニー・ナッポ    ノーム・ジェンキンス

ソウ2

2006年11月18日公開予定 ソウ3

ホラー | trackback(1) | comment(5) |


<< back | TOP | next >>

プロフィール

ミンゴ

ミンゴ
性別・男
年齢・20代
出身地・大阪

PR
映画が好きなので、少しでも多くの人に映画の良さ、楽しさが伝われば嬉しいです。

きまぐれで色んな映画を特集

主な更新記事は上映前映画特集

管理者の独断と偏見でカテゴリー別になっています。

当ブログはリンクフリーです。

「MOVIEクラブ」に関する要望・質問・勧誘・苦情等はこちらからどうぞ

FC2カウンター

宅配レンタル

クリックで救える命がある

MicroAd

ブログ内検索

最近の記事

カテゴリー

MOVIEサイト

● シネマトゥデイ

● 映画データベース

● シネマカフェ

● シネマトピックスオンライン

● シネマスクランブル

MOVIEブログ

● おすすめ マイベスト映画&DVD

● 映画、こんなん観ましたけど…

● 好きな映画を探して!

● ぱたぱたぱ~だでグー!

● 映画の国のチヒルカ

● アヤは観た。

リンク

● すみませんワタシは占い師

● ポエムな気分

● ひまつぶし的ある日の出来事

● COCCOLITH EARTH WATCH REPORT

● ココロをユタカにしたい日は

● 日本の心・京都&大阪。激写・で見る人情街並風景

最近のコメント

最近のトラックバック

月別

逆アクセスランキング


ブログパーツ

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。