--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2007/07/12 (Thu) インランド・エンパイア (2006)

わたしも、世界も、乱れていく。

マルホランド・ドライブ』から5年、映画史を塗り替えるデイヴィッド・リンチ最新作。ある女優の現実世界と劇中劇などが複雑怪奇に交錯する、幻想スリラー!

舞台がハリウッドで180分楽しめるよう出演陣も豪華です。しかも監督がデヴィッド・リンチ!!ついつい期待してしまう作品でもあります。(管理人・ミンゴ)

インランド・エンパイア

2007年の全米映画批評家協会賞で実験的作品賞を受賞。

“リンチ・ワールド”とも言うべき不可思議な映像世界を堪能したい。

インランド・エンパイア

STORY
ニッキー(ローラ・ダーン)とデヴォン(ジャスティン・セロー)は、映画監督のキングスリー(ジェレミー・アイアンズ)が手掛ける映画に出演することになる。その作品は、ある秘密を抱えており、主演女優のニッキーは役にのめりこむにつれ、次第に役柄と私生活を混同し始めるようになる。

インランド・エンパイア

製作年: 2006年
製作国: アメリカ
日本公開: 2007年7月21日
上映時間: 180分

監督・製作・脚本・編集:デヴィッド・リンチ
製作:メアリー・スウィーニー
撮影:オッド・イエル・サルテル

出演:ローラ・ダーン    ジェレミー・アイアンズ    ハリー・ディーン・スタントン    ジャスティン・セロー    ダイアン・ラッド    ジュリア・オーモンド    ウィリアム・H・メイシー    ローラ・ハリング

インランド・エンパイア

インランド・エンパイア 予告編


c_02.gif
映画 ランキング
banner2.gif
   ↑↑↑  
皆さんの応援が僕のやる気に繋がります。
ポスター画像をクリックすると公式サイト



サスペンス | trackback(4) | comment(2) |


2007/05/07 (Mon) ゾディアック (2007)

「セブン」「ゲーム」「ファイト・クラブ

監督デビッド・フィンチャー最新作!!


アメリカ犯罪史上最も危うい連続殺人鬼と言われる“ゾディアック・キラー”を題材にした話題作

どんでん返しが得意なデビッド・フィンチャー監督!!今回は実在した未解決事件を題材にしているので、物語にリアリティがありそうで楽しみです。個人的に『ER緊急救命室』のマーク・グリーン役アンソニー・エドワーズが出演しているのが気になります。(管理人・ミンゴ)

ゾディアック

尚、本事件は現在に至って解決していない。

ゾディアック

STORY
1969年、自らを“ゾディアック”と名乗る男による殺人が頻発し、ゾディアックは事件の詳細を書いた手紙を新聞社に送りつけてくる。手紙を受け取ったサンフランシスコ・クロニクル紙の記者ポール(ロバート・ダウニーJr)、同僚の風刺漫画家ロバート(ジェイク・ギレンホール)は事件に並々ならぬ関心を寄せるが……。

ゾディアック

製作年: 2007年
製作国: アメリカ
日本公開: 2007年6月16日
上映時間: 157分

監督:デビッド・フィンチャー
原作:ロバート・グレイスミス
脚本/製作:ジェイムズ・バンダービルト
製作:マイク・メダボイ
撮影:ハリス・サビデス
音楽:デビッド・シャイア
衣装:ケイシー・ストーム
編集:アンガス・ウォール

出演:ジェイク・ギレンホール    ロバート・ダウニーJr    アンソニー・エドワーズ    ブライアン・コックス    イライアス・コーティーズ    ドナル・ローグ    ダーモット・マローニー

ゾディアック


c_02.gif
映画 ランキング
banner2.gif
   ↑↑↑  
皆さんの応援が僕のやる気に繋がります。
ポスター画像をクリックすると公式サイト



サスペンス | trackback(0) | comment(3) |


2007/05/04 (Fri) プレステージ (2006)

かつて友人同士だった男たちが、

奇術によって運命を狂わせていく


『メメント』のクリストファー・ノーランが仕掛ける、世紀のイリュージョン・エンタテインメント!二人の天才マジシャンによる、命を懸けたトリックバトル。

X-MEN」のヒュー・ジャックマンVS「バットマン」のクリスチャン・ベイル対決!!役柄は二人ともマジシャンですが・・・さらに助手役にスカーレット・ヨハンソンと豪華な顔ぶれです。期待し過ぎもよくはないですが、どんでん返しもあるみたいなので楽しみです。(管理人・ミンゴ)

プレステージ

クリストファー・プリーストの1995年の小説『奇術師』を映画化した作品である。邦題は、当初は『イリュージョンVS』となっていたが、原題のカナ読みへと変更された。
第79回アカデミー賞では撮影賞と美術賞にノミネートされた。

プレステージ

STORY
若く野心に満ちたロバート(ヒュー・ジャックマン)とアルフレッド(クリスチャン・ベイル)は、マジシャン(マイケル・ケイン)の助手をしていた。ある晩、舞台の事故でロバートの妻が亡くなったことが原因で二人は敵対するようになる。その後、彼らは一流のマジシャンとして名声を得るが、その争いは次第に激しさを増す。

プレステージ

製作年: 2006年
製作国: アメリカ
日本公開: 2007年6月9日
上映時間: 130分

監督:クリストファー・ノーラン
脚本:クリストファー・ノーラン    ジョナサン・ノーラン
原作:クリストファー・プリースト
撮影:ウォーリー・フィスター
美術:ネイサン・クロウリー
音楽:デヴィッド・ジュリアン
監修:デヴィッド・カッパーフィールド
編集:リー・スミス

出演:ヒュー・ジャックマン     クリスチャン・ベイル    スカーレット・ヨハンソン    マイケル・ケイン    デヴィッド・ボウイ    パイパー・ペラーボ    レベッカ・ホール    アンディ・サーキス

プレステージ


c_02.gif
映画 ランキング
banner2.gif
   ↑↑↑  
皆さんの応援が僕のやる気に繋がります。
ポスター画像をクリックすると公式サイト



サスペンス | trackback(0) | comment(2) |


2007/04/07 (Sat) ハンニバル・ライジング (2007)

『羊たちの沈黙』で映画史にその名を刻んだ

『ハンニバル・レクター』の誕生の謎を暴く!


『羊たちの沈黙』『ハンニバル』で登場したハンニバル・レクター博士の幼少期・成年期を描いた作品。

レクター博士の過去がわかるとなればそれだけで興味が沸きます。それにしても若い頃のレクター博士はスマートで男前です。(管理人・ミンゴ)

ハンニバル・ライジング

天才精神科医でありながら、冷酷な殺人鬼という2つの顔を合わせ持つレクター博士。彼の特異な人格はいかにして形作られたのか。悪魔が取り憑いたのか、それともただ眠っていた魔性が目覚めただけなのか? 遂にその全貌が明らかになるらしいです。

ハンニバル・ライジング

STORY
1944年のリトアニア。名門貴族の家系に生まれたハンニバルは戦争の悲劇により両親を失う。幼い妹ミーシャを連れて山小屋で生活を始めたハンニバルだったが、逃亡兵たちがやって来て2人を監禁。そこでのある出来事を経て孤児院に送られ、成長したハンニバル(ギャスパー・ウリエル)は、やがて逃亡兵たちへの復しゅうを誓う。

ハンニバル・ライジング

製作年: 2007年
製作国: イギリス チェコ フランス イタリア
日本公開: 2007年4月21日
上映時間: 121分

監督:ピーター・ウェーバー
脚本・原作:トマス・ハリス
撮影:ベン・デイビス
衣装:アンナ・シェパード
音楽:アイラン・エシュケリ     梅林茂

出演:ギャスパー・ウリエル    コン・リー    リス・エヴァンズ    ケビン・マクキッド    ドミニク・ウェスト    リチャード・ブレイク    スティーブン・ウォルターズ   アイバン・マレビック

ハンニバル・ライジング


映画 ランキング
   
banner_04.gif
   ↑↑↑  
ポスター画像をクリックすると公式サイト
ランキングの応援をして頂ければ幸いです。





サスペンス | trackback(0) | comment(8) |


2007/01/18 (Thu) パフューム ある人殺しの物語 (2006)

スピルバーグスコセッシが奪い合った

禁断のベストセラー、ついに完全映画化


美しい女性の香りを手に入れるため、恐怖の連続殺人鬼と化していく男の物語を鬼才トム・ティクヴァ監督によって待望の映画化が果たされた。

スゴい映像ばかりで、ドイツ映画史上最高の制作費らしいです。ダスティンホフマンも出演していて映画史に残る名作とも言われています。(管理人・ミンゴ)

パフューム ある人殺しの物語

1985年、ドイツで一冊の小説が出版された。パトリックジュースキント作「香水ある人殺しの物語」そのあまりにも衝撃的な内容は、哲学・犯罪学などにも大きな影響を与え、世界45カ国で出版され1500万部のヒットを記録した。目を疑ってしまうような、驚きの結末に注目したい。

パフューム ある人殺しの物語

STORY
18世紀のパリ、悪臭のたちこめる魚市場で産み落とされたジャン=バティスト・グルヌイユ(ベン・ウィショー)。驚異的な嗅覚を持つがゆえに、奇怪な青年として周囲に疎まれている彼は、ある晩、芳しい香りの少女に夢中になり、誤って殺してしまう。その後、彼は少女の香りを求めて調香師になり、香水作りに没頭するが……。

パフューム ある人殺しの物語

製作年: 2006年
製作国: ドイツ
日本公開: 2007年3月3日
上映時間: 147分

監督・脚本・音楽:トム・ティクヴァ
製作・脚本:ベルント・アイヒンガー
原作:パトリック・ジュースキント
脚本:アンドリュー・バーキン
撮影:フランク・グリーベ
編集:アレクサンダー・バーナー
音楽:ラインホルト・ハイル     ジョニー・クリメック

出演:ベン・ウィショー     ダスティン・ホフマン     アラン・リックマン     レイチェル・ハード=ウッド     アンドレス・エレーラ     サイモン・チャンドラー     デヴィッド・コールダー     サラ・フォレスティエ  

パフューム ある人殺しの物語


映画 ランキング
   
banner_04.gif
   ↑↑↑  
ポスター画像をクリックすると公式サイト
ランキングの応援をして頂ければ幸いです。




サスペンス | trackback(3) | comment(5) |


<< back | TOP | next >>

プロフィール

ミンゴ

ミンゴ
性別・男
年齢・20代
出身地・大阪

PR
映画が好きなので、少しでも多くの人に映画の良さ、楽しさが伝われば嬉しいです。

きまぐれで色んな映画を特集

主な更新記事は上映前映画特集

管理者の独断と偏見でカテゴリー別になっています。

当ブログはリンクフリーです。

「MOVIEクラブ」に関する要望・質問・勧誘・苦情等はこちらからどうぞ

FC2カウンター

宅配レンタル

クリックで救える命がある

MicroAd

ブログ内検索

最近の記事

カテゴリー

MOVIEサイト

● シネマトゥデイ

● 映画データベース

● シネマカフェ

● シネマトピックスオンライン

● シネマスクランブル

MOVIEブログ

● おすすめ マイベスト映画&DVD

● 映画、こんなん観ましたけど…

● 好きな映画を探して!

● ぱたぱたぱ~だでグー!

● 映画の国のチヒルカ

● アヤは観た。

リンク

● すみませんワタシは占い師

● ポエムな気分

● ひまつぶし的ある日の出来事

● COCCOLITH EARTH WATCH REPORT

● ココロをユタカにしたい日は

● 日本の心・京都&大阪。激写・で見る人情街並風景

最近のコメント

最近のトラックバック

月別

逆アクセスランキング


ブログパーツ

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。